教員リスト

岸野 克巳

岸野 克巳

・氏名:岸野克巳・きしのかつみ・Katsumi Kishino
・職位:教授
・専門分野:窒化物半導体ナノコラム結晶による可視域発光デバイスの革新
・研究内容:
 ノーベル賞で脚光を浴びた窒化物半導体(InGaN系)は、緑からさらに赤色域になると、発光効率が減少し、赤色域InGaN LEDは暗くてよく光りません。半導体レーザの動作電流も急増し、InGaN系可視発光デバイスの発光域拡大は、材料的壁に直面しています。
 窒化物半導体ナノコラムは、直径数十から数百ナノメートルの一次元ナノ結晶で、私の研究室が1996年に発見した革新的技術で、最近、世界的にナノコラム研究が広がっています。
当初、GaNナノコラムは、結晶成長中の自己形成法で作製しましたが、コラムの径と位置がランダムに揺らいで、結晶制御性が不十分でした。その後にTiマスク選択成長法を開拓して、均一ナノコラム結晶の規則配列化に成功しました。規則配列化を基礎に「コラム径によるInGaN系ナノコラムの発光色制御」と「ナノコラムフォトニック結晶効果の発現」の革新技術を確立しました。これらによってナノコラムLEDの三原色集積化と放射ビーム先鋭化、面発光型ナノコラムレーザ発振への道が拓かれました。このデバイスの実現は、21世紀の高精細・大面積フルカラーディスプレイのキイであり、活発な研究を行っています。 

・データベース: http://rscdb.cc.sophia.ac.jp/Profiles/60/0005910/profile.html