留学のすすめ

理工系の学生にとっても、語学力は大変重要であり、社会に出てから英語を使う頻度は文系出身者より高いと言われています。上智大学では、さまざまな留学のプログラムが用意されており、グローバル教育センターが皆さんの留学をサポートしてくれます。機能創造理工学科からも多くの学生が、短期から長期の留学へ旅立っており、半年間の一般留学を経験し4年間で卒業した学生、および理工系学生のための海外短期研修(理工英語コース)に参加した学生の体験談をご紹介します。是非、機能創造理工学科へ入学し、上智大学の特色ある留学プログラムを利用して、学びの場を世界へと広げて下さい。

グローバル教育センター:http://www.sophia.ac.jp/jpn/global/program/about_center

先輩の留学記

岩井 遼斗 Ryoto Iwai (2014 年秋・米国)

3年の秋学期にノースカロライナ大学シャーロット校 (University of North Carolina at Charlotte, UNCC) へ一般留学をした体験談を書かせていただきます。理工学部で留学を考えている方の参考になれば幸いです。

一般留学のきっかけは2年の終わりに参加した同校の理工学部向けの短期プログラムでした。UNCC には英語圏の出身でない学生用の語学学校が付属しており、短期留学中にそこの長期プログラムの紹介がありました。さらに英語を集中して学んでみたいと思っていた私は、もう一度同校に戻って参加することを決意しました。


上智にはいくつか留学する方法がありますが、いずれの場合も理工学部の卒業に必要な単位に換算することができません。理工学部で卒業を遅らせることなく半年留学するためには、実験や卒業研究がない3年の秋学期に、休学せずに留学するしかないと考えました。3年の秋学期の必修科目はゼミナールしかないため*、担任の先生と相談して4年の秋学期にずらしてもらいました。当初は交換留学を考えていましたが、事前の申し込みと審査が必要なため一般留学を選択しました。一般留学は入学の申し込みやアパート探し、ビザの申請や資金集めまで全て自分で行う必要がありましたが、それも非常に良い経験になったと思います。


UNCC の授業は8月の下旬から始まり12月の中旬まで続きました。授業は週に4日で、大学の入学・編入を目指した読み書きや文法の授業を主に組まれていました。その他にもフットボールや社会問題についての討論など、アメリカ特有の授業がありました。日本人の少ないプログラムをあえて選ぶことができるのは一般留学のメリットだと思います。私の場合も、クラスメイトの大半を中東や南米、アフリカの学生が占めており、常に英語を使い続けることができました。授業がない時間は友達とアップタウンへ行ったり、大学院入試の勉強などをして過ごしていました。また留学中はガイダンスなどにも出席できず、上智での情報入ってこなかったため、まめに学科の友人と連絡をとったり Loyola の掲示板をチェックするようにしていました。


理工学部で留学を思いついたらまず、担任の先生に相談してみるのがいいと思います。それによって卒業までの単位の取り方などを具体化することができ、安心して留学を実行できると思います。帰国後は留学中に履修できなかった学科専門科目やゼミナールをとりながら大学院入試の準備や卒業研究などを行いました。卒業まで忙しい日々が続きましたが、理工学部での4年間を非常に充実させることができました。


(*) 2016 年度現在では、3 年次秋学期のゼミナールという必修科目が無くなり、より留学しやすい環境が整いました。

岩沢 萌生 Moegi Iwasawa (2015 年・米国)

私は2015年の2月後半から3月中旬までの3週間、ノースカロライナ州のシャーロットというところへ留学のために行きました。
参加しようと思った理由は、旅行でしか海外へは行ったことが無く、実際に現地の人と話したり、現地の人の生活を知ったり、アメリカの文化に触れたいと以前から考えていたからです。


この留学のプログラムにはバスケットボールの試合観戦、日本人の社長さんの自動車の部品を製造している会社の訪問、スピードウェイという車のレース場の見学などが含まれていて、どれも興味深いものでした。また、シャーロットに留学している国籍がアメリカではない人にも会うことが出来、アメリカのグローバルさを実感することが出来ました。
アメリカは犯罪が多い国というイメージが強く、少し怖いのかなとも初めは思いましたが、実際にアメリカ人の友達が出来てその考えは変わりました。もちろん場所によって治安は変わりますが、気を付けていれば特に問題はありませんでした。学校の先生、宿泊先のスタッフ、このプログラムのスタッフの方々、友達になった大学生は親切な人ばかりで、友達とは学校のあとに一緒にご飯を食べに行ったり、お家へ遊びに行ったりしてとても楽しい時間を過ごしました。そうしていくうちに英語でコミュニケーションをとることが楽しいと感じられるようになりました。初めて本当の英語を使ったと思いました。また、インド人の友達ができましたが、会話するときは英語でした。お互いネイティブではない言語でコミュニケーションをとることの新鮮さ、それと同時に英語の世界共通言語という偉大さも感じました。この留学に行ったからといって英語が話せるようになるかはその人次第ではありますが、私はこの留学をきっかけに英語の学習に日ごろから時間を費やすようになりました。3週間という短い期間ではありましたが、アメリカの文化に触れ、英語を使ってコミュニケーションをとる楽しさ、大切さについて学ぶことができ、本当に良かったと思っています。